2016参加者の声

HOME > 参加者の声 > 2016参加者の声

Norika Sasaki
img_0438
私がHLABに参加した理由は、少しでも人見知りを克服するためでした。私は自分の意見を言うことが嫌いで、今までそういう場を避けていました。しかし、HLABはそんな自分を変えてくれました。
私は高校1年で参加したので、周りは高校生でも年上ばかりで最初は少し不安でした。しかし高校生だけでなく大学生、ハーバード生もそんなことは気にせずに話しかけてくれて私の話を真剣に聞いてくれました。彼らと様々な話ができたことで私は話すことに対する苦手意識を少し克服することができました。
HLABの参加者は魅力的な人たちにばかりでした。一人一人に異なる考えや価値観があり、中には対照的なものもありました。しかし、それを互いに受け入れ意見を出し合う姿、それぞの目標に向かって努力している彼らを見て私は羨ましく思うと同時に、彼らのようになりたいと思いました。HLABで出会った仲間は、私の目標でもあります。
HLABでの1週間を終えた今、私は参加することができて本当に良かったと思っています。

(佐々木紀華 長野県野沢北高等学校1年)

Ayano Shimazaki
14064035_654666494683329_3210735075030882997_n
HLABに参加した理由は、大学生と」高校生が一緒に過ごして学ぶ上で、年齢がバラバラというのもあり、普段とは違う刺激を吸収できそうだと思ったからです。「悔いのないようやり抜く」と目標をたて、いざ今振り返ってみると、私は目標を達成できたと思います。
英語でのコミュニケーション能力の無かった私が七日間のうちに何とかいしを伝えようとするチャレンジ精神や、相手の言っていることをどうにか理解しようと耳を澄まして聞く姿勢も身に付きました。さらに生きるヒントも得れました。何か目標を達成したいとき、自分は他から吸収することだけでなく、発信しなければ得たいことも得れなくなってしまうこと。そこには「不屈の精神と熱意 」が必要 だということです。
サマースクールが終わってしまい、HLABメンバーとは再会したいけれど、HLABは明確な夢がある私の背中を押してくれた存在でもあります。2016年・夏・小布施。そこは帰る場所ではなく、私の「不屈の精神と熱意」の原点がある出発点だからです。その地点となったHLABに参加出来て本当によかったです。

(嶋崎綾乃 岩村田高校3年)

Yuki Yoshinaga
14322554_663323680484277_7377807988456101996_n
僕がhlabに参加したのは、他の友達とは何か違う事がやりたかったという理由でした。自由な毎日でダラダラと狭いコミュニティの内で活動し、正直満足していましたが、そんな中友人の強い勧めによりフワフワと参加することとなりました。いざ参加すると自分の学校では出会うことのなかった意欲的な高校生や親身になってくれる国内外の大学生達がいて、日常生活では感じ得なかった焦りや驚きを感じました。そして何より、これまで遠い存在と感じていた外国人大学生達と一緒に毎日を過ごす中で、文化や言語は違えど共通した部分は多いと気づく事が出来て、プライドとして勉強していた英語を、彼らともっと分かり合えるよう「道具」として自由に使うため勉強したいと思えるようになったのです。思考停止していた日常から一歩非日常に踏み入れるだけで価値観が変わり様々な事を見つめ直す機会を与えてくれる、こんなに素晴らしい経験が出来て本当に良かったです。

(義永優樹 慶應義塾高校3年)