CONTENTS

HOME > PROGRAM > CONTENTS

HLAB OBUSE 2014 Ending Movie

HLABのプログラムは大きく分けて4つのプログラム、Seminar(セミナー)、Forum(フォーラム)、Workshop(ワークショップ)、Free Interaction(フリーインタラクション)で構成されています。

1.Seminar

アメリカやイギリスの大学から集まった大学生によるセミナーは、多種多様な約15講座の中から3つを選択することができます。バイリンガルの日本人大学生であるハウスリーダーのサポートのもとで行われ、理系•文系に留まらないリベラルアーツの根幹となるプログラムです。各セミナーでは、事前課題、サマースクール本期間中の4日間のセミナー、事後課題に取り組むことで学びを深めることができ、高校生にとって新しい興味分野を発見する機会になります。昨年度は、宗教や心理学をテーマにしたセミナーからビデオゲームやビッグデータをテーマにしたセミナーなど幅広い学術分野を扱いました。過去のセミナーリストなどはこちら

HLAB OBUSE 2015のセミナー一覧

  • Bluegrass, Oldtime, and American Folk Music
  • American TV show “Modern Family,”
  • Philosophers: A Grand Tour
  • Studying Society through Cities.
  • “From Higashino Keigo to Dan Brown”
  • A Streetmap of the Eternal City: An Introduction to the Roman Empire
  • Stress: the good, the bad and the ugly
  • Your Brain On music:
  • The Evolution and Art of Circus:
  • Journalism for Social Change
  • Consciousness through many lenses: An exploration primarily through Neurobiology and Philosophy
  • INFATUATED WITH JAPANESE TUNES: why we adore the film and video game music of Hisaishi, Sakamoto, and Uematsu.
  • Japanese Cinema and Technique
  • Beyond Borders Understanding the Impact of Japanese Culture in Peru

※セミナー名と内容は変更する可能性があります。

2.Forum

フォーラムとは幅広い分野で、国内外でご活躍されている方々による講演やパネルディスカッションです。ご登壇者の方々には、ご自身の経験を踏まえた高校生に伝えたいことをテーマに、高校生には様々なキャリアを知るきっかけとなり、刺激となることを目的としています。また、高校生が小さなグループに分かれ、ゲストの方々と近い距離で話ができるセッションの時間も設けることで、高校生とゲストが場を共有、振り返り、議論をし更なる考えの多様性に触れることができると考えています。昨年は、国内有数の政治サイト「日本政治.com」を運営する鈴木邦和氏、映像ディレクターの関和亮氏、「絶景案内人」として活動中の詩歩氏などといった方々に、小布施町北斎ホールにてご講演いただきました。過去の登壇者など、詳細はこちら

3.Workshop

ワークショップとは参加者が能動的に自ら動くことにより、自己を見直したり創造性を発揮したりするために行われるアウトプットの場です。独創的な自己紹介などによって参加者の緊張をほぐすアイスブレイクワークショップや、作品を描き鑑賞することを通して自己理解・他者理解を目指すEGAKUワークショップなどがあります。これらは、高校生の経験を周りと共有し、様々な感情や学びを自己の経験として伝えられるよう落とし込むきっかけを創ります。

4.Free Interaction

フリーインタラクションではボーダーを越えた交流や、その交流を通して自己の興味を広げることを目指しています。そのために、幅広いバックグラウンドを持つ社会人の方々にお越し頂き、社会人•大学生•高校生が同じ目線で語るフリーインタラクション、HLABにゆかりのある方々をお招きし、交流するためのレセプションを開催し、日頃なかなか出会うことが出来ない方々との交流を積極的に出来る場を用意しています。