PLAYBACK 2015

HOME > ARCHIVE > PLAYBACK 2015

8/14(Day1)

day1日本各地から期待と不安を胸に小布施に集まった高校生たち。まずは小布施町役場の北斎ホールにて開会式を行った後、アイスブレイク・ワークショップを行いました。あいにくの雨模様のため室内で行われたアイスブレイクですが、少しずつ参加者の緊張はほぐれ、その後に傘風楼という素敵な雰囲気のレストランで行われたウェルカムディナーでは参加者同士が仲良く会話をする様子が印象的でした。参加者の緊張がほぐれていくのに合わせ、ウェルカムディナーの後にはすっかり雨も上がっていました。

8/15(Day2)

day2セミナーが初めて行われた2日目。英語への不安やこれから出会う新しい学問への期待など様々な気持ちを感じている姿が朝食の際に見受けられました。午後には「SHOKU ワークショップ」と題し、高校生に「働き方」について具体的にイメージをしてもらい、自分らしい「働き方」を考えてもらうきっかけを与えることを目的としたワークショップを行いました。総勢8名のゲストをお招きし、それぞれ自分の担当となった講師の方から与えられたお題に頭を悩ませながら、普段考えることのないようなテーマに必死に向き合っている姿が印象的でした。ワークショップ後には、講師の方と自由に話をしている高校生も多くいました。

8/16(Day3)

day3セミナーも2回目を迎え、参加者同士の仲がかなり深まってきた3日目の午後には「高校生の心に火を灯す」というテーマのもとにフォーラムが行われました。様々な分野の第一線で活躍されているゲストスピーカーの方を6名お招きし、TEDのような形でプレゼンテーションを行っていただきました。内容はもちろん、それぞれの世界観に引き込まれる工夫がなされたプレゼンテーションに多くの高校生が魅了されていました。フォーラムの後に行われたフリーインタラクションでは、自分の将来に対して少しでもヒントを得ようと講師の方の話を真剣に聞いていました。夜には、高校生同士だけでリフレクションを行いました。どうしてサマースクールに来たのか、ということを振り返る機会にもなり、感じるものがあった高校生も多くいたようです。

8/17(Day4)

day4サマースクールの中日に当たる4日目。この日は、ゆったりとした時間を過ごすとともに「自由な時間をどう使うか」ということ考えてもらいたいという意図のもと、こちらからは積極的にプログラムを用意せず、自由に過ごしてもらう時間が多い日となりました。午前中はやりたいことを決めてグループを作って行ってもらい、午後は好きな大学生に話を聞きに行くオフィスアワーを行いました。それぞれゆったりとした時の中で、これまでのサマースクールを振り返りながら、自由な時間を過ごしていました。この日は小布施町の町民の皆様のお宅に宿泊をさせていただくホームステイ企画が行われ、それぞれのご家庭で小布施の文化を体験しながら、いつもとは違う特別な夜を過ごしました。

8/18(Day5)

day5ホームステイ先からそれぞれ戻り始まった5日目は、これまでの日と異なり午前中に「食」をテーマにしたワークショップを行いました。全部で6つのグループに分かれて、当たり前すぎて普段は深く考えない「食」についてその裏側にある様々な方の思いに触れる貴重な機会となりました。午後はセミナーを行った後、「Oh!MATSURI」と題して、お楽しみ企画が行われました。浴衣を着て屋台やパフォーマンスを楽しんだり、参加者同士で深い話をしたり…それぞれがお祭りの雰囲気の中で充実した時間を過ごしました。また、ホームカミング企画にもなっていたため多くの過去のサマースクール参加者が参加しており、今年の参加者と過去の参加者の交流も見られました。
この日の夜は、どうしたら残りのサマースクールでの日々を有意義に過ごすことができるか、参加者同士が真剣に夜遅くまで語り合っている姿が至る所で見られました。

8/19(Day6)

day6丸一日皆で過ごせる最終日。3日間行ってきたセミナーも最終日を向かえ、それぞれのセミナーが集大成としてのまとめを行っていました。少しずつ「最後」を迎える中で同志社女子大学の上田信行先生をお招きして行われた午後のワークショップでは、それでも限られた最後の時間を楽しむ高校生の姿が見られました。夜には流しそうめん、タレントショーが行われ、参加者同士が様々な形で交流できる機会を設けました。残りの時間を大切にしながら、夜遅くまで高校生、大学生同士が語り合っている姿はこのサマースクールを一番よく表している風景だと思いました。

8/20(Day7)

day7ついに最終日となってしまった7日目。様々な想いを持ちながら臨んだ閉会式では、勇気を出して舞台に立ってスピーチを行った高校生の姿に多くの参加者が心動かされ、溢れる想いをこらえきれず泣き出してしまう参加者も多くいました。最後のフェアウェルランチでは、みんなの前で自分の想いを伝えたいという高校生の姿が印象的でした。別れを惜しみながらも小布施駅から電車に乗り込み、それぞれの旅がまたここから始まっていく、そんな風景が心に染み入りました。

HLAB 2015 Annual Report


AnnualReport表紙

全国4ヶ所で開催されたHLABサマースクールの報告書がご覧いただけます。
ダウンロードはこちら